日誌

秩父農工科学日誌

【女子ソフトボール部】西小学校でスポーツ交流

 

 10月1日(火)、女子ソフトボール部の部員7名が秩父市立西小学校の3年生の児童とソフトボールで交流を行いました。

 30度を超える気温でも子供たちはとても元気で、ボールを投げたり、バッティングをしたりと、思いっきり体を動かし楽しんでいました。小学生の元気に高校生の方が圧倒されている感じもしましたが、ソフトボールの楽しさを伝えることができたのではないかと思います。

お祝い 【全校】相撲部関東大会出場壮行会

10月1日(火)、相撲部の関東高校選抜相撲大会への出場を祝して壮行会を行いました。

関東大会は、今月27日(日)に千葉県成田市中台運動公園相撲場で行われます。

県大会団体戦では、2位に終わりましたが、個人戦では、新井滉大(農業科2年)・笠原瑠稀(農業科2年)が強豪埼玉栄高校を破り関東大会への出場に華を添えました。

埼玉県代表・本校代表として、頑張ってきてください。いってらっしゃい!!

 

【男子バレーボール部】秩父第一小学校とのスポーツ交流

 9月30日(月)、男子バレーボール部の生徒8名が、秩父第一小学校を訪れ、小学6年生26名と交流を行いました。

 4~5人で輪になってワンバンドしたボールをレシーブして相手に渡すゲームを行いました。最初は続けることがなかなか難しかったようですが、バレーボール部の生徒のサポートでだんだん上手になり、30秒間、1分間と徐々に続けられるようになりました。

 

【卒業生の活躍】第74回国民体育大会 総合開会式の旗手を担う西田さん

 9月28日(土)、第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」が開幕します。

 総合開会式で栄えある旗手を担うのは、本校卒業生の西田勘汰さんです。西田さんは、秩父農工科学高校から国士舘大学に進み、卒業後、男子ソフトボールで日本リーグに所属している埼玉県庁ソフトボールクラブで活躍しています。2018年には、チェコ共和国・プラハで開催されたインターコンチネンタルカップに日本代表選手(内野手)として出場しました。

 先月開催された関東ブロック国体予選で、成年男子は8年ぶりに国体への出場権を獲得しました。

  「天皇杯皇后杯3位以内という目標に貢献できるよう、埼玉県成年男子ソフトボール競技の主将として勝にこだわりプレーしたい。」とのコメントを西田さんからいただきました。

 成年男子、少年男子、どちらも応援したいと思います。

【男子ソフトボール】U17アジアカップ優勝 機械システム科2年 引間 晃一選手

 9月上旬、アジアの7か国が出場した「アジアカップ」がマレーシアで開催されました。機械システム科2年生の引間 晃一くんは、投手として日本代表チームに参加しました。

 アジアカップでは、予選リーグ、決勝トーナメント方式で、ワールドカップ出場権(2枠)を目指して、熱戦が繰り広げられました。

 日本代表チームは、予選リーグ1位で勝ち上がり、決勝トーナメントに進出しました。決勝戦ではシンガポールに勝利し、「完全優勝」でアジアの頂点に立つことができました。

 引間 晃一くんは、フィリピン戦に投手として先発、タイ戦にリリーフとして出場し、優勝に貢献しました。来年2月にニュージーランドで開催されるワールドカップに選手選考会を経て日本代表選手になることを期待します。