学校長あいさつ

  秩父農工科学高等学校は、1900年(明治33年)に秩父郡立乙種農業学校として創立されて以来124年の歴史と伝統を誇り、2万5千人を超える有為な人材を多数輩出してきた、地域に信頼され愛される高校 です。

 目指す学校像に「秩父地域の産業と未来を支えるスペシャリストを育成する学校」を掲げ、地域産業を支える専門的職業人 スペシャリスト  を養成するという使命を果たすために、全校を挙げて日々の教育活動に取り組んでいます。
 本校は、県下有数の複合型専門高校として、農業部(農業科・森林科学科・食品化学科)、工業部(電気システム科・機械システム科)・家庭部(ライフデザイン科・フードデザイン科)の3部7学科を有しています。

 現在、私たちが直面している 環境・エネルギー・食糧・医療介護 等の問題は、各学科の学習、研究テーマに直結し、そこに立ち向かおうとする ”志” を持っ人材を育成することが本校に課せられた使命であると考えます。
 時代は、広く柔軟な 思考力実践に結びつく 技術力 を兼ね備えた ”スペシャリスト” を求めています。将来、この秩父地域の産業や文化を支え、明るい未来を切り拓くことができる ”スペシャリスト” を目指そうという意欲を持つ皆さんをお待ちしています。

 

         校長   服部 修

【校長室だより】

【校長投稿】学校行事

令和6年度球技大会 校長挨拶・講評

開会式 挨拶

  みなさん、おはようございます。

  天候にも恵まれ、最高の球技大会日和になりました。考査前から準備を進めてくれていた生徒会と球技大会実行委員会の皆さん、ありがとうございます。

 今日はプレーする選手だけでなく、観戦する人達も応援で盛り上げ、球技大会を目一杯楽しんでください。ただし、楽しさは自分で獲得するものであって、誰かが与えてくれるというものではありません。自ら身体を動かして、仲間を目一杯応援して、皆で楽しんでください。

 また、皆で楽しむためには、無茶や無謀、スポーツマンシップに反するような行為、厳禁です。一生懸命やる中でも、ルールやマナーを守ってください。

 試験明けで、運動不足気味の人もいると思います。今日は30℃超えとの予報が出ています。体調管理に気を配り、適度に水分補給をし、怪我などないよう気をつけてください。

 それでは、皆さんの健闘を期待して開会の挨拶とします。頑張ってください。

閉会式 講評

 実行委員長が開会式で言っていた「本気で楽しむ」、皆さんできましたか?素晴らしい球技大会でした。

 スポーツ には、生きることの本質が集約 されています。そこには、アスリートやチームそれぞれの プロセス、つまり ストーリー が必ずあります。

 一流のアスリートは、目の前の成果に満足することなく、次の課題と改善策を自分で考え、努力を続け、更なる高みに向けて新たな挑戦 をします。こうした経験は、これからの長い人生に於いて皆さんの財産になるはずです。皆さんには、こうした取組が色々な場面で実行できるようになって欲しいです。

 多くの部が、インターハイ(北部九州総体2024) の予選にこれから挑みます。県を勝ち抜き、さらに大きく羽ばたきましょう。

 後片付けなどでこの後もお世話になる人たちがいます。最後までよろしくお願いします。お疲れ様でした

令和6年度第1回壮行会 校長挨拶

 おはようございます。

 最近のスポーツ界は、大谷選手の話題でもちきりですが、同じメジャーリーグで戦っているダルビッシュ有投手が、日米通算200勝という快挙を先日達成しました。

 日本で93勝、米国で107勝ということで、メジャーに渡ってからの勝利数が上回っていることも凄い のですが、何より37歳の身体で、未だにメジャーの第一線でフル稼働しているところなどは、彼の努力の賜物だと思います。

 さて、只今紹介のあった 陸上競技部の 坂本 銀冴 君が、6月14日~17日にかけて 東京の駒沢オリンピック公園 で行われる 関東高等学校陸上競技大会 に出場します。

 陸上競技部員がたゆまぬ努力を続けているのを、私を含めた多くの人たちが知っています。これからも全ての部員が自ずと良い結果を出すものと確信しています。坂本君には、全力を出し切って自己ベストを出すことを期待します。

 今まで積み上げてきたことを自信にして、大きな舞台で思う存分力を発揮してください。ここにいる全校生、教職員、また、保護者、地域、同窓生の方々皆が応援しています。

 秩父農工科学高校の代表として、埼玉県代表として、悔いの残らぬよう、仲間と自分を信じて、精一杯戦ってきてください。

 これから、校歌斉唱があります。ここにいる全ての皆さんで大きな声で校歌を歌い、選手を勇気づけましょう。

令和6年度離任式 転出・退職された先生方のご紹介

 日に日に山の木々が鮮やかさを増しています。今週に入ってから、関東大会予選で地区大会を勝ち抜いて県大会に駒を進めた部、関東出場を惜しくも逃がしたもののこれまでで最高の成績を収めた部、皆さんの頑張りが続々と報告され、大変嬉しく思っています。

 さて、今日は離任式です。離任式は、私たちから3月までお世話になっていた先生方に感謝の気持ちをお伝えするとともに、先生方からも、皆さんに対して離任の思いを伝えていただく最後の機会です。昨年もこの場で話しましたが、「一会一生(いちえいっしょう)」という言葉を覚えていますか?「一度会ってできたご縁は一生の宝になる」という意味です。それだけ、人との出会いはかけがいのないものであると私は考えます。

 それでは、今まで本校のためにご尽力いただいた先生方とのお別れの会(離任式)を始めます。昨年度末に14名が栄転、転出、退職され、今日は3名の先生方から直接ご挨拶いただくとともに、2名の先生からメッセージをお預かりしております。

  中略

 結びに、生徒の皆さんには「一会一生(いちえいっしょう)」の学びを、是非この場で体感して欲しいと思います。離任される先生方のご多幸、今後のご活躍を心より祈念申し上げます。

令和6年度第1回定例生徒総会 校長挨拶

 皆さんこんにちは。急に暑くなりました。今週前半は雨続きでしたが、毎年4月20日頃は二十四節季のひとつ、穀雨にあたります。今年は先週金曜の19日でした。穀雨が過ぎれば降雨量も少しずつ増えるので、平野部では田植えの時期の目安になっています。私の住む川越では、田んぼに水が張られているところが目につくようになりました。春らしい陽気になると、ついつい外出したくなりますよね?

 私事で恐縮ですが、この学校に着任してから札所巡りにはまってしまい、いくつか寺社仏閣を訪ねました。「せっかく秩父で仕事をするのだから」という理由で何となく始めたことですが、変わったハンコを押してもらえる御朱印や、達筆すぎてなんて書いてあるのか一見してわからない御朱印を集めるようになり、一つ一つが個性豊かで面白いです。

 御朱印集めを始めて、少しずつ仏教に興味を持つようになりました。その道のプロがいるこの学校で、このような話をすのはおこがましいのですが、穀雨は「種まきなどの農作業に適した時期」と言われています。「自分にとって成長につながる、学び初め(自身の種まき)にも良い時期なのではないか?」と考えるようになりました。穀雨をきっかけに、少しずつでも、自分の興味のあることを学び始めて欲しいです。私のように仏教や御朱印についてでも結構ですし、人によっては語学を学ぶというのでも良いでしょう。秩父市在住の人たちには、この夏休み中の「短期留学」のお誘いも来ています。

 大型連休中に、「本や漫画をじっくり読む」とか、「気になっていた映画をまとめて観る」とか、「押しのアーティストの新曲を聴いてみる」とか、趣味に近いことでも良いので、ゆとりのある人は、何か新しいことを始めてみてください。部活に勝負をかけている人たちは、今しかできないことに全力投球してください。また、応援に行きます。 

 さて、今日の総会で挨拶をと、生徒会長から直接依頼を受けました。この後の離任式でも出番があるので、手短にいきます。

 

 一点目、図書館ギャラリーと図書委員会のコラボ企画「部活動写真展」について

 二点目、交通事故防止5つの行動について

 三点目、秩父市長との意見交換会について

 

  三点目は秩父市長主催のイベントですが、我こそはと思う人はぜひ協力してください。

  以上です。皆の時間です。実りある総会になるよう、建設的な発言に期待します。

令和6年度入学式 式辞

 木々の緑が一斉に芽吹き、たくさんの花が咲き競うこの佳き日に、秩父農工科学高校に入学された新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。全ての教職員とともに、皆さんの入学を心から歓迎します。そして、皆さんを今日まで育て上げ、健やかな成長を支えてこられたご家族、関係の皆様に対しまして、心よりお祝いを申し上げます。

 入学式は、新入生の皆さんを歓迎する式であるとともに、この学校で学ぶという思いを確認する機会でもあります。この記念すべき4月8日を、「今日この日から始まる高校生活を実りあるものにするぞ」という誓いの日にしていただきたいと思います。

 さて、本校は、明治33(1900)年6月、 実業学校令により秩父郡立乙種農業学校 として設立され、以来124年の歴史の中、幾多の変遷を辿り今日に至っております。“勤勉努力”“質実剛健”“規律節制”“至誠一貫”“協同和親”を校訓に掲げ、2万7千5百人を超える優秀な人材を輩出してきた、地域の歴史とともに歩み続け、地域に信頼され、愛される学校です。

 目指す学校像に「秩父地域の産業と未来を支えるスペシャリストを育成する学校」を掲げ、地域の産業と文化の担い手を養成するというスクール・ミッションを達成するために、全校を挙げ日々の教育活動に邁進しています。

 ただ今入学を許可した新入生の皆さん。皆さんは9年間の義務教育を終え、自分の意思で本校への進学を決意し、合格されました。秩父農工科学高校は皆さんの入学を心から歓迎します。皆さんは、伝統ある本校で、そして、地元から深く愛されている本校で学ぶことに対して、誇りを持ってください。今まさに、大きな希望と幾ばくかの不安を胸に、新たな学校生活を始める皆さんへ、あらためて、高校とはどういうところなのかお話しします。

 学校は、学びあうところ。勉強はもちろんですが、それ以外にも様々なことを、教職員から、また生徒同士で学ぶことができます。本校には、色々な種類の、そして数多くの、学びの仕掛けがあります。皆さんには、それらの仕掛けに気付く人になってもらいたい。では、どうすればその仕掛けに気付く人になれるか。まずは、好奇心旺盛であること。そして、謙虚であることです。世の中は学ぶべきもので溢れていることを知っている人、そして、自分には足りないものがあることを自覚している人は、学びのチャンスを掴むことができます。学びのチャンスを掴むことができる人は、必ず成長します。

 次に、学校は、小さな失敗や挫折を経験する場でもあります。大人になって初めて失敗をしたのでは立ち直り方がわからず、前へ進めなくなってしまうかもしれません。学校で経験する小さな失敗や挫折を大切にしてください。それらの経験はきっと皆さんを強くたくましい人へと成長させてくれるはずです。但し、皆さんは、失敗したとき、ごめんなさいときちんと言える人であって欲しい。学校は、皆さんの失敗や挫折を見守り、支える存在なのです。

 そして、学校は、お互いを認めあうところです。認めあうとは、ぬるま湯のような関係であるということではありません。本校には、生徒・教職員を合わせると850名近くの人たちがいます。それぞれ個性を持つ人たちが、互いに切磋琢磨し、高め合う関係を築き上げています。まずは、皆さんが他人から尊重されるために、皆さん自身が他人を尊重することから始めてください。お互いを認めつつ、レベルの高い、みんなが居心地の良さを感じられる集団になりましょう。

 新入生の皆さん、この秩父農工科学高校で過ごす限られた時間を、大切にしてください。そして、皆さんの大切な時間を私たち教職員も共有させていただくことに感謝をし、式辞とします。

 

 令和6年4月8日

   埼玉県立秩父農工科学高等学校長 服部 修

令和6年度新着任式・第1学期始業式 校長講話

新着任式 

 皆さん、おはようございます。先日学年末の修了式が終わったと思ったら、もう4月になりました。

 時間が過ぎるのはあっという間です。桜が咲き始めると、いよいよ春が来たという感じがします。春は別れと出会いの季節です。これから自分がどんな出会いをするのか、考えたらわくわくしませんか?どの別れや出会いにも、必ず意味があるはず。誰かとの別れは、違う誰かと出会うために必要なものなのかもしれません。

 それでは、令和6年度当初の人事異動で、ご転出・ご退職された教職員及び新たに着任した教職員をお知らせします。

 (中略) 

 以上、転出・退職14名、転入・新採用10名。一年間よろしくお願いします。

始業式 

 改めまして、皆さん、おはようございます。いよいよ令和6年度の始まりです。例年になく遅い春の訪れで、秩父でもようやく桜が咲き始めました。荒川周辺の柳も緑の新芽を出しています。いかにも新しい年度の始まりという感じになりました。

 昨年もこの場で同じお願いしましたが、今日の午後、新入生241名の入学を許可します。新入生が少しでも早く学校生活に慣れるよう、先輩として懐の深さを見せてください。何気ない細かな心遣いや気遣いは、新入生にとって大きな励ましになります。そして、これから始まる農工での学校生活の送り方について、色々とアドバイスしてあげてください。よろしくお願いします。

 新たな年度を迎えるにあり、私が必要と考える心構えについて学年別にお話しします。

 まず新2年の皆さん、目標をはっきり定め、その目標に向かって「挑戦」してください。毎日の授業を真剣に受けるだけでなく、是非、各種検定試験にチャレンジしてください。資格取得は主体的に学ぶ姿勢や態度を育て、その人に対する社会的評価に繋がります。この1年の過ごし方で進路の方向付けがほぼ決まってしまいます。重要な1年になります。部活や生徒会活動でも中心的な活躍が期待され、多忙な1年になりますが、どれ一つ手を抜くことなく、全力で「挑戦」してください。

 新3年の皆さんは最上級生です。勉強や部活だけでなく、学校内外での挨拶、みだしなみ、自転車や公共交通機関での乗車マナーに至るまで、農工の最上級生としてのふるまいが求められます。そして、後ろ姿で新入生や2年生をリードしていってください。農工の伝統や校風を作り出す責任は最上級生にあります。卒業生からのバトンをしっかり受け継ぎ、これまで以上に全力で、何事にも「挑戦」する本校の伝統、校風を発展させてください。また、進路を決める上で、これから重要な時期を迎えます。そのことを強く意識し、何事にも全力で取り組んでください。

 最後に、ここにいる全ての皆さんに向けてです。私は42年前に高校を卒業しました。これまでの人生をふり返ると、必死になって学ぶことができたのは高校時代だった気がします。なりふり構わず一生懸命「勉強」した、「努力」した、その経験は大人になってから必ず活きます。それは万人共通です。「挑戦すること」、「創造すること」、「継続すること」を生活の中心に据え、勉強に、部活動に、全力投球してください。勉強も部活も最高の準備をして、最高の成果を目指してください。中でも、不得手なものへの「挑戦」、苦手なものを克服する「挑戦」、未知なるものへの「挑戦」。果敢にいきましょう。自分を変えるためには、「決意」や「想い」が大切です。この1年間をどんな年にするのか、何をやり抜くのか「決意」し、「想い」を強く持って様々な「挑戦」をしてください。

 この1年を振り返ったときに、他人との比較でなく、今の自分と比べての成長が実感できるようになることを期待しています。皆さん一人ひとりにとって、飛躍の年、成長の一年になることを心から願っています。

令和5年度修了式 校長講話

 おはようございます。今日は修了式です。

 皆さんにとって、令和5年度はどんな1年だったでしょうか?勉強や部活動、学校行事、あるいは普段の生活は充実していましたか?ただなんとなく過ごしてしまった、あるいは、何か悔いが残ったことなどはありませんか?良い機会なので、この春休みに1年間を振り返って、次年度に活かして欲しいと思います。昨日に続き出番をいただきましたので、今日も二つのことを話させてください。

 最近、私にとって大切な先輩を亡くしました。今も悲しくて、寂しい日々が続いています。この方は「気遣い」を大事にする方だったので、はじめに「気遣い」の話をします。

 「気遣いは大事だ」と言われます。様々な人が集まって仕事していく上で、お互いに「気遣い」がなければ気持ちよく仕事ができません。ただ、私は「気遣い」というのは「気遣われる側」の方がむしろ大事なのではないかと考えます。「気遣い」は“してあげる”ことの義務ではありませんが、“されて当たり前”というものでもありません。「気遣いされる側」が「気遣われて当然」というような態度であったなら、気を使う側も良い気はしないでしょう。また、そういう人ほど、そもそも「気遣い」に気付かなかったりします。そのような集団の中では、徐々に「気遣い」が「損なこと」のように思えてきてしまい、「気遣う心」がなくなってしまうのではないかと思うのです。だからこそ、大切なのは、誰かの「気遣い」に気付き、その「気遣い」に感謝の心を持つこと。そしてその感謝は、誰かへの「気遣い」という形で返していくことだと思います。自分が気分よく仕事ができているときこそ、陰で誰かの「気遣い」に支えられてということを、この先輩から学びました。「気遣い」の環を広げていくことが、皆で成長する上で大切なのではないかと思います。

 この先輩は、国語の先生で読書家でした。次は読書にまつわる話です。最近目にした書店業界についてのニュースからです。過去10年間で764社もの書店が市場から退出し、店舗数の減少が続いているという内容でした。確かに私自身も以前より本屋さんに行く回数が減りました。皆さんはどうですか?

 電子書籍の普及も理由の一つかと思いますが、勉強や情報収集なら YouTube のような無料で便利な動画ツールがいくつもあります。わざわざお金を出してまで本を読む意味ってあるの?と思う人たちは特にそう感じるのではないでしょうか。私の考える本を読むメリットとは、「想像力を働かせることができる」ことです。YouTube などの動画は、視覚的には楽しいものかもしれませんが、想像力や発想力が養えません。その点、読書は活字を読んで、頭の中で自分の体験やビジョンを呼び起こし、映像化します。TVや YouTube は始めから映像化されているので、「わかった気になる」というのが実際のところでしょう。映像を見ている時は納得するのですが、見終わった後には中身をあまり覚えていない。誰しもがそんな経験をしたことがあると思います。それは頭を使っていないからです。頭を使って考えた事は定着します。本で読んだことを外に向けて発信することにより定着は更に進みます。みなさんもこの春休みに、読書の時間を増やしてみてはいかがでしょうか?

 今日は色々話しましたが、何か心に残ることがあったら覚えておいて、あるいは実行して欲しいと思います。それでは、事故に遭わない、起こさないように気を付けながら、有意義な春休みを過ごしてください。終わります。

第2回定例生徒総会 校長挨拶

 おはようございます。

 今日3月21日は「はじめようの日」。春は始まりの季節です。「さぁ、始めよう」という気持ちを思い起こしてもらい、それを応援することを目的に、老舗百貨店「大丸松坂屋百貨店」が5年前に制定しました。春に何か新しく始める人を応援するため、チャレンジへのカウントダウン「3、2、1」に掛けているそうです。

 気になったので、「日本では新年度がなぜ4月から始まるのか?」ググってみました。会計年度の始まりが4月になったのは明治19(1886)年から(本校の創立は1900年)。米を年貢として納めさせていた江戸幕府から明治政府に代わり、現金で納税するスタイルを導入したために秋に収穫した米を現金化してから納税する、それを国が確認して予算を組む、という新たなプロセスが必要になりました。現金化する手間が増えた分時間がかかるため、4月になったという説が有力です。

 他にも諸説あるようですが、いずれにしても始まりの季節としては、桜が咲き草木が芽吹く春が日本人の心に馴染みやすいと私は感じています。満開の桜を見ると教員になった頃を思い出し気が引き締まります。初任の学校の近くに桜の名所があり、そこで場所取りをして花見をしたものでした。本校の先生方の中には、一緒に花見をした当時の仲間が幾人もいます。次年度も新たな気持ちで頑張りたいと思います。

 さて、皆さんが社会人になると様々な会や組織に属することになります。地域の自治会や職場での会(例えば社友会など)の会員になると思います。会は、年度初めに「総会」という会を開き、前年度の活動報告や会計報告を行ったり、今年度の活動計画や予算案を示したりします。そして、会員の承認を得て活動が進んでいきます。今年2回目の定例生徒総会を通して、会の進め方をしっかり学んでください。

 役員選挙の時にもお話ししたと思いますが、どうか生徒会活動を通して、「学校生活を充実させるため自分には何ができるのか」という志の種を見つけてください。また、活動を通して、AI(人工知能)に備わることのない、「主体性」「協働性」「創造性」を高めて欲しいと思います。

 むすびに、秩父農工科学高校生徒会の活動が、みなさんの輝かしい未来を創り出すことを期待して、私の挨拶とします。

第119回卒業証書授与式 式辞

 所かしこに春の息吹が感じられる今日この佳き日に、第119回卒業証書授与式を挙行できますことは、卒業生はもとより、私たち教職員及び在校生にとっても大きな喜びであります。本日晴れの日を迎えられた卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

 保護者並びにご家族の皆様、本日は誠におめでとうございます。卒業の日を迎えられたお子様の立派な姿に、感慨もひとしおのことと存じます。また、この場をお借りして、これまで本校にお寄せいただきましたご支援、ご協力に深く感謝申し上げます。

 卒業生の皆さんは今、どのような思いが胸に去来していますか。この3年間、コロナ禍や自然災害に加え、国際紛争、人権・食料・環境・エネルギー問題など、大きな社会変動を目の当たりにしてきました。こうした中で、現実をしっかりと受け止め、力強く歩もうとする皆さんの姿に幾度となく勇気づけられました。部活動や各種コンテストでの全国レベルの活躍はもとより、県内各地で、秩父管内で開催された各種イベントへの参加・協力、人命救助や市長さんへの施策提言など、歴史に残る活躍をしてくれた皆さんを、誇りに思います。おそらく、在学中の印象深い場面が一人一人の脳裏に甦ってくることでしょう。それらすべてが「経験」という名の財産であり、かけがえのないものとして、皆さんのこれからを支えてくれるはずです。

 こうして皆さんの前でお話しするのは今日が最後です。お伝えしたいことが二つあります。

 一つ目は、「人格形成の自覚」についてです。我々の人格は概ね20年で完成すると言われています。私事で恐縮ですが、学生時代の友人が集まると、良くも悪くも、昔のままの姿がそこにあります。つまり、人格は20歳前後で完成され、その後の経験で多少の知恵を身に付けたとしても、その本質は変わらないのです。人格とは人柄。他人に対する思いやりや物事を謙虚に受け止められる素養は自分の可能性を大きく拡げ、一方で、言い訳や他人の悪口を重ねるような言動は、社会の中で受け入れられる要素など微塵もありません。

 この3年間、多様な人間関係の中で皆さんが学んだできたことは、一人一人の人格形成に大きな影響を与えているはずです。まずはそのことを認識し、さらに卒業後の3年間が今後の人生を送る上での基盤を造る最も重要な時期になるということを自覚し、本校を巣立って欲しいと思います。

 二つ目は、「一人で悩まない」ということです。皆さんが今後、仕事や学業に携わる中で、壁に突き当たることや挫けそうになることがあるかもしれません。「職場や学校の雰囲気に馴染めない」、「人間関係がうまくいかない」、或いは、「仕事や勉強の内容が想像していたことと違う。自分に合っていない」など、こうした悩みは、多かれ少なかれ誰もが経験することです。

 大切なのは、自分一人で悩まないことです。自分で抱え込んでしまっては、我慢するか、その状況から逃れるといった結論にしか至りません。周囲に助けを求めることをためらわないでください。信頼できる上司や先輩、友人、家族、母校の先生方に相談して、たくさんアドバイスを受けてください。職場の問題であれば、必ず助けてくれる人がいるはずです。仕事の内容であれば、その経験が自分の将来に役立つことがわからないだけなのかもしれません。多くの意見を聞き、冷静に、客観的に自分を見つめることが必要です。

 その過程を経ての結論であれば、進路を変えることも選択肢の一つであって良いと思います。そのためにも、本校で得た友人を大切にしてください。学生時代の友人は遠慮なくアドバイスしてくれる一生の友です。人に頼ることができる人は頼りになる人になります。皆さんも、人の痛みがわかる、頼りにされる社会人になってください。

 卒業する242名の進路は多様です。どうか皆さんには、何事にも関心を持つ姿勢を忘れず、自らの可能性を拡げ、学び続け、必ずや自己実現を果たしてください。

 秩父農工科学高校は、これからも皆さんを見守り続けます。皆さんの健康と今後の活躍、そして輝かしい未来を心より祈念し、式辞とします。

令和5年度第4回壮行会 校長挨拶

 ただいま紹介のあった演劇部が今月下旬に栃木県で開催される関東高等学校演劇研究大会に出場します。おめでとうございます。

  演劇部は、高校演劇中央大会で高評価を得て、関東大会出場を決めました。夏の全国総合文化祭(2023かごしま総文)優良賞受賞に続く快挙です。

 次に男子ソフトボール部は、11月に行われた県予選を制し、昨年に続き全国高校男子ソフトボール選抜大会に出場します。こちらは3月下旬に山口県で本大会が開催されます。

 私見ですが、才能や環境は平等に与えられるものではありません。努力は時として報われないこともあります。絶対に評価される、勝てる、そんな魔法などはどこにも存在しません。でも、そんな結果の見えないことと向き合うことが、部活動の本質だと思います。周囲に何を言われようが、「自分たちだけは、自分たちの努力を信じ、前に進む」。そんな、勇敢な一歩(日々の挑戦)を、送り出す側の我々は、誰よりも応援する存在でありたいと思います。

  秩父農工科学高校の代表として、埼玉県の代表として、頑張ってください。

  これから、校歌斉唱があります。皆さんで大きな声で校歌を歌い、送り出しましょう。