日誌

カテゴリ:電気システム科

【電気システム科】 水力発電所見学

6月27日(水)に東京発電埼玉事業所様のご協力により、電気システム科1年生32名が発電所見学に行ってきました。

電気システム科では2年次で学習する発電・送電の内容です。発電機の仕組みや水車の回る様子についてご講義をいただき、その後、実際の発電室やダムの内部を見学しました。

 生徒は、教科書ではわからない発電機の大きさや、水車の動く音、また現場の雰囲気を味わうことで、また一つ電気の分野での興味関心や進路選択の幅を増やすことができました。

 本日はお忙しいところにもかかわらず、多くの職員の方々にご対応いただきありがとうございました。
 
  

【電気システム科】電気工事コンテスト優秀賞 3年ぶり関東大会出場へ

6月23日(土)に川越高等技術専門校にて、「埼玉県工業高校生ものづくりコンテスト電気工事部門」が開催されました。

本校から出場しました電気システム科3年光武 優希君(吉田中学校出身)が優秀賞を獲得し、8月25日(土)に本県ものつくり大学で行われます関東大会に出場します。3年ぶり6度目の関東大会出場となりました。
 
 

電気科の卒業生へ「第二種電気工事士試験」のご案内

今年も第二種電気工事士(上期)試験の申込期間が近づいてまいりました。
本校電気科の卒業生は「筆記試験」が免除となります。受験される方は学校で「卒業証明」を発行しますのでお申し出ください。
受験案内(願書)もあります。
卒業生は交付手数料として、1通につき400円分の「埼玉県収入証紙」が必要です。さいたま市以外の市町村役場や埼玉りそな銀行の各支店などでお買い求めの上、ご来校下さい。
試験申し込み方法、申込期間等の詳細は電気技術者試験センターのHPをご覧ください。

電気システム科「課題研究発表会」を行いました

2月5日(金)、電気システム科3年生は課題研究発表会を行いました。
2年生と保護者を迎え、1年間研究した内容と成果、製作した「ものづくり」について発表しました。
発表テーマは、「パソコンの製作」「2足歩行ロボット」「電子工作①、②、③」「EV車両の製作」「鉄道模型の製作」の7本です。
各班ともパワーポイントや実物展示、実演を交え、1年間の取り組みをプレゼンテーションしました。

第一種電気工事士試験「合格証書」授与式

本日昼休み、校長室にて第一種電気工事士試験に合格した電気システム科2年生2名に「合格証書」を校長先生より授与していただきました。
第一種電気工事士試験は全国の合格率約30%の難度の高い国家試験です。
第一種電気工事士になると、
① 一般用電気工作物及び自家用電気工作物(500kw未満)の電気工事の作業に従事することができます。
② 自家用電気工作物のうち最大電力500kw未満の需要設備を有する事業場などに従事している場合、事業主が産業保安監督部長に当該事業場の電気主任技術者として選任許可申請の手続きを行い、許可が得られれば電気主任技術者となることができます。
ただし、免状を取得するには、経済産業省令で定める電気に関する工事の実務経験(5年以上)を有する必要があります。
このことから電気システム科では将来、「電気工事業」に就職を希望する生徒に受験指導しています。