日誌

カテゴリ:今日の秩父農工科学

三年生最後の実習

 今日の食品化学科総合実習は、農産加工班「浮島」・製菓製パン班「お菓子の詰め合わせセット」でした。

マカロン合体中

<マカロン合体中>

浮島を右手に持って

<浮島を右手に持って>

詰め合わせセット

<詰め合わせセット>

浮島

<浮島です>

 次は課題研究発表会に向けて、プレゼンテーションファイルの作成に入っていきます。

【フードデザイン科】骨密度測定

12月10日(火)フードデザイン科では牛乳普及協会の方にご来校いただき、骨密度測定を行いました。

測定票の見方や、どのような生活をしたらよいか教えていただいた後、栄養講座も行われました。

お忙しい中、ご来校いただきありがとうございました。

 

 

【フードデザイン科】クックパッドで紹介されます!

 

フードデザイン科では埼玉県の食品安全課が開催する「食の安全体験教室」を全学年が毎年受講し、手洗いの大切さ、食中毒の予防等について学んでいます。

 

 

この「食の安全教室」で学んだことを活かし夏休みの課題として「簡単・おいしい・傷みにくいお弁当レシピ」に取り組みました!

その中から優良者8名(1年生 :4名 2年生 :4名)のレシピが『クックパッド』県公式ホームページで紹介されます!

是非ご覧になってください。

URL;https://cookpad.com/kitchen/8682884

 

 

 

 

【農業科・食品化学科】農業大学校・女子栄養大学・農業関係高校合同農業法人等見学会

 令和元年8月23日、農業大学校・女子栄養大学・農業関係高等学校教育連携事業の一環として実施された、令和元年度第2回合同農業法人等見学会に、本校の農業科2年生1名、1年生2名、食品化学科1年生2名の計5名が参加しました。

いちごの森あかずきん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    <就農経緯を説明してくださった宇津木様 右手前>

 「いちごの森あかずきん」経営の宇津木様は、大学校卒業後に「秩父市担い手育成塾」に入塾後、農家になりました。最初の4年間は「自分は何をやっているのだろう」と自問自答しながらの苦しい毎日だったそうですが、現在は農業以外の職業は考えられないと話していらっしゃいました。ただし、成功する者は2割程度ではないかとも。

いちごの森あかずきんの詳細は http://www.ichigonomori-akazukin.com/

合同会社守屋農園 黒澤さまから説明を

 

 

 

 

    <守屋農園で>     <黒ちゃんの新鮮野菜の黒澤様>

 小鹿野町の合同会社守屋農園と黒澤様の農園で、県産ブランド推進品目の「秩父きゅうり」を中心とした新規就農者のお話を伺いました。

 大学校の学生さん6名、鳩ヶ谷高校の生徒2名と本校生徒5名は、それぞれ就農の厳しさを学びながら、その可能性を探る1日になりました。埼玉県農業大学校の皆様、大変お世話になりました。

【全校】1学期終業式

7月19日(金)、1学期終業式を行いました。

校長式辞では、校訓についてお話がありました。
校訓は伝統、地域性、生徒の実態などを考慮し、学校全体の教育・指導方針、望ましい生徒像を表しているものです。本校の校訓は「至誠一貫」「協同和親」「規律節制」「質実剛健」「勤勉努力」の5つです。
その中の「質実剛健」は“中身が充実していて飾り気がなく心身ともに強くたくましく”との意味があります。夏休みに学習・体験、部活動などの活動を通して充実させて欲しい。次に「規律節制」は“社会生活においての決まりを理性により欲望を抑えてひかえめにする”。そのために今やるべきことを見極め、しっかり取り組み必要な我慢をすることが大切だと話されました。
結びに明日からの夏休みを迎えるにあたり、事故防止に努めてほしい。元気な姿で2学期始業式を迎えましょうと話しかけられました。最後に「校歌斉唱」して閉式しました。
1学期も多くの学科や部活動等で様々な教育活動に成果がありました。有意義な夏休みとしましょう。