日誌

秩父農工科学日誌

令和3年度新任式・始業式・入学式

 あたたかな春の日差しに包まれて、令和3年度新学期がスタートしました。新たに10名の先生方を迎え、始業式が行われました。

 《校長先生の講話》                                                     1年間目標をもって自分自身を成長させよう。そのためには、次の3点を心がけてほしい。                                                     ①元気よく挨拶をしよう。                                                              ②聞く力を身につけよう。                            よくできる人は集中して理解するように聞くことができる                     ③よい習慣を身につけよう。                                          時を守り 場を清め 礼を正す                                             心配なことや不安なことがあれば、担任の先生や学科の先生など身近な先生に相談してください。 

午後には入学式が行われました。                                         本年度の入学生は、男子149名、女子108名の計257名です。         新入生代表の電気システム科 新井君(秩父第一中学校出身)は、誓いの言葉の中で、秩父農工科学高校の生徒である自覚と誇りをもって行動すること、中学校のときコロナ禍で満足にできなかった学校行事や部活動に全力で取り組み充実した学校生活にしていきたいと、抱負を語りました。                              生徒会長の電気システム科3年 島﨑君(吉田中学校出身)は、学業、学校行事、部活動に一生懸命に取り組んで実りの多い3年間にしてほしいと、歓迎の言葉を述べました。                                       高校生活のスタートラインに立った257名。秩父農工科学高校の生徒としての自覚をもって、目標を掲げ、元気いっぱい、さまざまなことに挑戦してほしいと思います。

                          

  

 

そば打ち昇段審査前の試食会

 

 3月23日、土曜日に昇段審査がひかえている2年生3名と1年生3名が、食品化学科の職員に、練習を重ねてきた”そば打ち”の腕前を披露してくれました。

生そば

<打ち上がったそば>

ゆで上げ中

<ゆで加減はどうかなあ>

盛り付け中の二人

<こんな感じでいいかな>

盛り付け後

<さあ、召し上がれ>

 写真のとおり、見た目が均一で市販の物と同等の仕上がりです。鴨汁に焼きねぎの香ばしさが加わり、そばの香りとの相性も最高。刻みしょうがの風味が効いた「そばいなり」と、生徒の実習製品である「ゆであずき」を上に乗せた「そばがき」のデザート付きで大満足の試食会でした。

 本番の審査もきっと、全員合格することでしょう。頑張れ、6人の精鋭たち。そしてごちそうさまでした。

学年末行事

学年末となり、多くの行事がリモートで行われています。

職員室を臨時放送局として、本年度配置された教室のプロジェクタとタブレットを活用しています。

昨日は生徒総会、全国大会に出場するソフトボール部・演劇部の壮行会、本日は終業式・表彰式です。

話しや説明をした生徒や職員の感想は一様で、「相手の表情が見えず、反応も分からない中の話はとても難しかった」というものでした。

やはり、コミュニケーションの基本は、相手の反応を見ながら、間を取りながら、ということなのだろうと思います。全校一同に集まり、行事を行える日を待ち遠しく感じます。

 本年度の通常登校は本日で終了となります。新しい生活様式は継続します。体調管理をしっかりして新学期を迎えましょう。

 

企業説明会

3月17日(水)1.2年生対象の企業説明会を行いました。

秩父地域雇用対策協議会の御協力により、管内約30社の企業にお集まりいただきました。

会場を3か所に分け、各企業の担当者の方から、事業内容や従業員の様子、その業種の動向のほか、働くことの意義、高校生に求めることなど、「仕事」全般について、お話をいただきました。

ひとつの学校に多くの企業の方が来ていただく事はとても貴重です。生徒それぞれが自身の進路実現に向けて色々と参考とできる機会となりました。

【2学年】就職ガイダンス

 3月13日(土)に厚生労働省主催の2学年就職ガイダンスが実施されました。実際にいろいろな企業で人事を経験された7名の講師の方にお越しいただき、生徒139名が参加しました。午前中はワークシートを使用して自己PR等を考えるグループ学習を実施しました。

午後は実際に面接練習をしました。2年生はあと数か月で進路選択となります。有意義な1日となりました。ご指導いただいた講師の先生方に感謝申し上げます。

  

第116回卒業証書授与式

3月10日(水)晴天に恵まれ卒業式を実施いたしました。

式次第や来賓・入場者等、例年どおりとはなりませんでしたが、厳粛、感動的な式典となりました。

また、たくさんの祝電やお祝いメッセージをいただきありがとうございました。

テーブルマナー

 西洋料理の今年度最後の授業はテーブルマナーです。目の前で先生が調理した物を、全員の前で試食をするという形式で行いました。

 調理する人、サービスする人、食事をする人の3つの観点からの学習し、テーブルマナーとは周囲の人とはもちろん、国や文化の違う人々とも楽しく食事をするための基本的な気づかいであることを学びました。

 

卒業式予行

3年生が登校し、明日の卒業式予行と各種の表彰式を行いました。

コロナ禍対応により、1.2年生は卒業式に参加できませんが、先輩の門出の式のために、昨日、丁寧に会場設営を行ってくれました。

第116回卒業証書授与式 3月10日(水)10時開式

保護者は各家庭1名の参加となります。

日本料理

本日の日本料理の実習ではイカをさばき、煮物を作りました。イカをさばく実習は回数を重ねていませんが、手早くスムーズに取り組めました。

<献立>

イカと大根の煮物・蓮根の炊き込みご飯・ニラのいり酒・さつま汁

西洋料理

昨日の西洋料理の実習はバレンタインデーが近いこともあり、デザートにガトーオーショコラの入ったフランス料理の実習でした。また、ポタージュは野菜の残りを使い、食材を余すことなく使うことも学びました。

<献立>

キャロットのポタージュ・サーモンムニエル・ドフィーノグラタン・

ガトーオーショコラ・コーンブレット

日本料理 節分

昨日は節分だったので、2年生の日本料理の授業では節分にちなんだ調理実習を行いました。蛤吸には菜の花も添えられ、まだまだ朝晩寒いですが、近づいてきている春を感じる献立でした。

<献立>

太巻き寿司 まめ豆腐 蛤吸(潮汁)

芸術鑑賞会

~未来に輝く歌声の旅~ 

バリトン歌手・原田勇雅さんと、ピアノ・宮本慧理子さんをお招きして、芸術鑑賞会を行いました。

オペラ曲のほか、日本の歌、校歌、迫力ある歌唱と美しいピアノ演奏を楽しむことができました。

歌唱の合間には、自身が音楽と出会い職業とするきっかけの機となった高校時代の話など、生徒への応援のエールもいただきました。

寒いなかお二人には、学年ごとの1日3回の公演ほか、コロナ禍での様々な制限の下、無理なお願いをこころよく引き受けて実施いただきました。特に3年生は残り少ない高校生活の良い思い出となりました。

三年生最後の実習

 今日の食品化学科総合実習は、農産加工班「浮島」・製菓製パン班「お菓子の詰め合わせセット」でした。

マカロン合体中

<マカロン合体中>

浮島を右手に持って

<浮島を右手に持って>

詰め合わせセット

<詰め合わせセット>

浮島

<浮島です>

 次は課題研究発表会に向けて、プレゼンテーションファイルの作成に入っていきます。

3学期が始まりました

3学期の始まりにあたり、始業式と部活動壮行会を行いました。

始業式での校長講話では、緊急事態宣言への対応のほか、校長室にある剣道家高野佐三郎氏の書にまつわる話、県の3偉人のひとりである、渋沢栄一の業績や大切にしていた言葉の話がありました。(詳しくは本校概要のページをご覧ください。)

生徒会主催による部活動壮行会では、関東大会に出場する演劇部、全国選抜大会に出場する男子ソフトボール部の壮行を行いました。各顧問からの紹介のほか、校長からの激励の言葉、2部代表の生徒から大会に向けての意気込みなどが語られました。

秩父サイエンスアカデミーで研究発表してきました

 12月26日、秩父看護専門学校4階講堂で開催された、2020秩父サイエンスアカデミーで、食品化学科3年生4名が「第3のみつ」機能性成分の研究という題目で発表しました。

みつの採取工程は

<みつの採取工程は>

グラフの説明中

<グラフの説明中>

 秩父サイエンスアカデミーは3回目の開催。主催は日本薬科大学・秩父樹液生産協同組合・特定非営利法人秩父百年の森・特定非営利法人NPUサイエンスアカデミア(NPU:日本薬科大学の略称)。本校は毎年継続研究経過を発表しています。

いよいよ質疑応答

<いよいよ質疑応答>

堂々と回答

<的確に答える>

 全ての発表が終わって、質疑応答が始まりました。どのような質問が来るか不安な4名でしたが、最も聞いてほしかった質問が出てきて見事に回答することができて、ほっとした面持ちでした。

日本薬科大学HPでのニュース

 https://www.nichiyaku.ac.jp/news/10028/

日本薬科大学でGC-MSを体験してきました

 12月25日、日本薬科大学で食品化学科3年生4名が、GC-MSを使っての油分析を体験してきました。

説明を聴く

<説明をよく聴く>

ケン化の観察

<ケン化反応の観察中>

 GC-MSとは、ガスクロマトグラフ質量分析計の事で、揮発性の混合物から各成分を分離して物質名を特定できる分析機器です。

上層だけを残す

<油を含む層を分離中>

GC-MSで同定

<いよいよGC-MSで同定>

 科捜研で行われているような分析試料の設定で、4名の生徒は興味津々。新しい世界の扉が開いたようです。

生薬サンプルに見入ってしまう

<生薬サンプルに見入っている4人>

 三熊先生をはじめ、日本薬科大学の先生方、本当にありがとうございました。

日本薬科大学HPの同記事

https://www.nichiyaku.ac.jp/news/10015/

2学期が終わりました

2学期の終了にあたり、全校で一堂に集まることが難しいため、放送による終業式のあと、部活動大会やコンテスト入賞者への表彰式を校長室で行いました。

新型ウイルス対策のため、冬休みの部活動が原則禁止となったり、3学期当初の1月8日から15日は、9時30分登校、短縮授業となります。

まだまだ、色々な場面で制限のある行動が求められます。以前のような高校生活が送れるように対応していきましょう。

AMB48

第63回埼玉県高校美術展にて、立体の部 ”優秀賞” となった、美術部の作品『AMB48』を校内公開しています。

疫病除けのご利益があると云われる「アマビエ」を48体、陶器彫刻して製作、フォトスポットとなるように展示しています。

作品を撮影してお守りにできたり、展示後は抽選でプレゼントすることを計画しています。

手づくりジャムの特別販売

食品化学科で生産・販売している手づくりジャムが、埼玉県立歴史と民俗の博物館で行われる特別展で、展示・販売されることとなりました。

特別展『銘仙』埼玉県立歴史と民俗博物館(さいたま市)

令和3年1月2日(土)~2月14日(日)

本校の手づくりジャムは、特別展コラボレーションとして特別販売のほか、館内「カフェパティオ」にて、パンケーキに添えて、特別提供販売されます。

 

イブニング学校説明会

12月4日(金)7日(月)の2日間、イブニング学校説明会を行いました。平日の18時からを開始として、これまで実施した土曜日の説明会には参加しにくかった方を対象としました。

寒いなかでしたが、2日間とも多くの方に説明を聞いていただきました。

次の学校説明会は、1月16日(土)に個別進学相談会を行います。事前申し込みは不要です。是非、ご参加ください。

ハンバーグ弁当 ~モンブランを添えて~

フードデザイン科3年生の集団調理実習で「ハンバーグ弁当」を120食作りました。大量に作る機会は少ないので良い経験になりました。

<お品書き>

コーンパセリライス・トマトソースハンバーグ・煮卵・ブロッコリーの塩ゆで・かぼちゃチップ  蓮根とごぼうのきんぴら モンブラン

 

秩父神社前にて販売実習

12月3日(木)#秩父夜祭#販売実習#農業科 

秩父神社前ロータリーにて地元の方のご理解とご協力を経て収穫物の販売を行いました。本校で栽培した サツマイモ・キウイフルーツ・カボスを販売し、たくさんのお客様に買っていただきました。

暗くなるとランタンを貸していただき多くの方の助けをいただき販売することができました。

販売の際、果樹の授業で覚えたキウイの追熟方法の説明をすることができました。

テレ玉取材「第3のみつ」

食品化学科で開発して取り組んでいる、新しいはちみつ「第3のみつ」が、テレビ埼玉の番組で紹介されることになり、その取材が行われました。

学校を紹介する内容も含まれます。是非、番組をご覧ください。

テレビ埼玉「いまドキッ!埼玉」

令和3年1月16日(土)あさ8時30分~9時00分

タンパク質の定量

 12月2日、食品化学実験室での3年食品化学の教材は、「タンパク質の定量」でした。ミクロケルダール窒素蒸留装置を使って水蒸気蒸留を行い、発生したアンモニアを、あらかじめ三角フラスコに入れておいた薄い硫酸に吸収させて、残った硫酸を水酸化ナトリウム標準液で滴定してアンモニアの発生量を測定し、タンパク質の含量を調べました。

 分解液を注入   濃いNaOHを加える 

<試料分解液を入れる><濃いNaOHを加える>

硫酸の残り分を調べる 逆流洗浄

<硫酸残を調べる>   <逆流洗浄>

 コックを操作すると、廃液筒内が真空になり、轟音と共に逆流が起こります。最初は慎重だった生徒も、3回目となると平然と操作するようになりました。

 

ロールケーキと肉まん

 令和2年12月1日、食品化学科三年生・総合実習の教材は、製菓製パン班が「ロールケーキ」、農産加工班が「肉まん」でした。

 巻こうかな まいてます

  <巻いちゃおうか>   <巻いてます>

包餡やってます さあ、蒸すぞ

 <包餡難しいよ>  <蒸して食べるか>

 ロールケーキは、薄く平らなスポンジに生クリームを乗せて均一に延ばし、フルーツを乗せて、カラフルになったら巻いていきます。

 肉まんは、生地をUFO型に延ばして、膨らんだ部分に餡を乗せて、生地を伸ばしながら回転させてひだを付けていきます。デモを見ていると簡単そうですが、自分でやってみるといびつになって難しいのです。

 三年生の実習も残りわずかになってきました。

 

埼玉大学でポリフェノールの定量

 令和2年11月25日、埼玉大学で食品化学科3年生4名が、ポリフェノールの定量法を学びました。試料は、農業科の新温室で新たに栽培を始めたブラックビートという品種のブドウを持参しました。

説明を受ける 標準液作成

 【説明を聴く4人】    【標準液作成中】

 藤原准教授のご指導で、フォーリン試薬がフェノール性水酸基によって還元され、青色に発色することを利用した方法を体験しました。

分光光度計で測定 検量線を作成

【分光光度計で測定】     【検量線を作成】

 4名は、分析化学実験の楽しさを感じながら、笑顔で取り組んでいました。

 藤原先生と埼玉大学の皆様、ありがとうございました。

球技大会

延期になっていた球技大会を行いました。例年に比べ、種目数を少なくするなど、工夫をしての実施となりました。寒さが心配されましたが、快晴、暖かななか、楽しむことができました。

すだちパウンドケーキ

フードデザイン科3年生の課題研究で農業科のすだちをたくさん分けていただき、すだちパウンドケーキを作りました。

同じ柑橘類でもレモンとは一味違ったさわやかな風味のパウンドケーキに仕上がりました。

農産物即売会を開催!!

今年は、新型コロナの影響で秩農工祭も中止となってしまいました。農業科では、文化祭が地域の方々に生徒達の学習成果を知って頂く最大の行事でもありました。そこで下記の日程で学習成果物である農産物即売会を実施することとなりました。多くの方々に御来校いただければと思います。

 なお売切れ次第終了とさせていただきます。

  日時:11月28日(土)

      10:00~12:00

  場所:秩父農工科学高等学校

      農業科・農場

  販売例:シクラメン、オリズルラン、花壇用苗物

      キウイフルーツ、カボス、スダチ

      青首ダイコン、聖護院ダイコン、ミズナ、コマツナ

      サツマイモ 他

            ※雨天でも実施します。

干し柿作り

11月20日(金)

 課題研究で「干し柿」作りを行いました。

使用した柿は、少し小さめですが学校の敷地内にある柿木から収穫をしました。草かきを包丁に持ち替えて挑戦のため、皮むきはかなり苦戦をしました。

青首ダイコンの収穫

青首ダイコンの収穫が最盛期となっています。

農業科では、3年生の「総合実習」・2年生「総合実習」・1年生の「農業と環境」で青首ダイコンを栽培しています。

 前回、アップした聖護院ダイコンも美味しいですが、使いやすさからかダイコンといえば!青首ダイコンを想像する人がほとんどだと思います。

聖護院ダイコン

ダイコンと言えば・・・・

 青首ダイコンが一般的ですが!

やわらかいのに煮崩れしにくいダイコンがあります。それは、写真の聖護院ダイコンです。もともとは、京都の聖護院というお寺の周辺で栽培されていたダイコンなので、この名前がつけられたとも言われています。京都では、千枚漬けなどに用いられますが、煮崩れないのでおでんにも向いているそうですよ。

 11月28日の「農産物即売会」でも販売予定なので楽しみにしていてください。

落ち葉はき

農業科では、1年生「農業と環境」や2年生「総合実習」などで、校内の落ち葉はきを行っています。集められた落ち葉で腐葉土を作ったり、直接圃場へ入れるなどして利用しています。身近な場所から゛循環型農業”を学んでいます。

サツマイモの収穫

農業科2年生 「栽培技術」

 先日、サツマイモの収穫を行いました。6月に苗を定植し、除草やつる返しなどの管理作業を行ってきました。

 収穫後のサツマイモは、一定期間低温保存を行い甘さを増加させます。

税に関する作文 表彰式

国税庁が主催する「税に関する作文」コンクールに、1年生全員が応募し、3名が入賞をしました。

『関東信越税理士会・埼玉県支部連合会会長賞』『埼玉県租税教育推進協議会長賞』『秩父税務署長賞』

本校にて秩父税務署署長様から、表彰状・副賞の贈呈と講評をいただきました。

入賞は3名でしたが、1年生全員が税に関する知識を高めることとなりました。3名の作品は、秩父税務署・矢尾百貨店等、8か所に展示される予定です。

食品化学科まつり

食品化学科3年生が学習成果発表のひとつとして、校内販売を行いました。

手打ちそば・ふろふき大根・プリン・クッキー・パンなど、これまで実習で作った食品を取り揃え、職員や下級生に販売しました。

どの食品も試作を重ねたもので、見た目も良く、味も美味しく出来上がっていました。来年度は、一般の方にもご賞味いただきたいと思います。

秋の和食弁当

13日金曜日、フードデザイン科3年生の集団調理の授業では「秋の和食弁当」を120食作り、職員向けに販売したり、2年生に試食してもらったりしました。何度も試作を重ね、秋らしいお弁当に仕上げることができました。

<お品書き>

さつま芋ご飯・鯖の竜田揚げ・厚焼き玉子・筑前煮・ほうれん草の胡麻和え・柿

 

 

 

第116回体育祭

11月11日(水)快晴のなか、第116回体育祭を行いました。コロナ禍により全生徒一同による学校行事は、本年度初めてとなりました。自宅待機中に課題とした縄跳を種目に取り入れるなど、例年とは違った内容での実施となりました。準備を含め生徒はとても良く動き、スムーズに進行しました。また、生徒の笑顔がたくさん見れて、とても楽しい1日となりました。

 
 
 
 
 

スダチとカボスの収穫、販売

スダチとカボスの収穫、販売を行いました。トゲに注意しながら収穫を行いましたが、時々ぶつかってしまう生徒もいました。それでも生徒達は楽しそうに収穫をしました。

収穫したスダチとカボスは校内及び学校近隣の方に販売を行いました。

シクラメンの葉ぐみ作業

11月4日(水) 2年生・総合実習(草花)

冬の花といえば? 何を思い出しますか??

冬を代表する花の一つに“シクラメン”があります。以前は、シクラメンと言えば花の色は「赤」が中心でしたが、最近ではピンクや白、そして花びらの形も様々な品種が出回っています。今日の実習では、葉の位置を調整して株の中心に花が上がりやすいように葉ぐみを行いました。

 

タマネギの植え付け

11月2日(月)

3年生・総合実習でタマネギの植え付けを行いました。写真の苗は、まだまだ小さいですが、冬の寒さを超えて収穫時期の6月には大きなタマネギとなります。

サツマイモ掘り

10月29日(木)

2年生の栽培技術でサツマイモの収穫をしました。

農工の圃場の土は、サツマイモ栽培にはあまり適していません。そこで授業では、さまざまな工夫をして通常よりも高めの高うね栽培にしています。

チャレンジショップ

10月30日(金)

 毎週、月・水・金曜日の放課後に営業している、農工チャレンジ ショップでは、収穫の秋! 味覚の秋! 農業科や森林科学科の学習成果物が販売されています。収穫の最盛期となったカボス、スダチは、焼いた秋刀魚のお供に最適です。また森林科学科の課題研究・製炭班が学校内で製造した木炭も大好評です。

学校農業クラブ県大会出場

   埼玉県学校農業クラブ県大会が10月28日(水)、埼玉県立熊谷農業高校にて開催されました。

 本校からは、意見発表の部に3名が出場して、日頃の農業クラブの活動を通じて学んだことや、農業や環境、食文化に関する思いを発表しました。

 残念ながら上位入賞にはなりませんでしたが、他の農業高校の生徒たちの学習の成果を知り、今後の学習に活かす貴重な機会となりました。

 

120周年植樹場所の管理

120周年記念で植樹したミツバツツジの周りを農業科2年生の総合実習を使って除草作業を行いました。

クラス全員足場の悪い場所で一生懸命汗を流しながら120年の重みを感じながら除草を頑張りました。

来年もきれいな花が咲くのを楽しみにしています。

林業の見学

10月26日(月)森林科学科1年生が飯能市にある、”きまま工房・木楽里”が所有する植林山にて、林業研修を行いました。

講師の井上さんに、植林の基本、針葉樹や広葉樹の特性、森林の治水など、林道の各箇所で分かりやすい説明をいただきました。

「この場所の樹木は100年以上前に植えられたモノ」「林業は100年先の人を想う、他にはない魅力ある職業」とおっしゃっていました。

 

 

 

農業機械~トラクタ実習~

10月26日(月) 3・4限 

 3年生の「農業機械」の実習では、トラクタの運転をしました。基本的なハンドル操作や直進・行進、障害物回避など様々な内容について学習します。 3年生の3学期には、大型特殊運転免許(農耕車限定)の取得を目指します。

 

ハロウィン

もうすぐハロウィンですね。

2年生の西洋料理ではかぼちゃをたくさん使い、ハロウィンにぴったりなメニューを実習しました。

ムースの飾りつけは特にそれぞれが楽しんで取り組んでいました。

<献立>かぼちゃのポタージュ・かぼちゃのグラタン

    かぼちゃのムース・パン かぼちゃのジャム添え

学校見学説明会実施

10月24日(土)学校見学説明会を行いました。

今回の内容でメインとなった7学科の説明は、生徒がプレゼンテーション形式で行いました。少々緊張気味でしたが、スライド資料を準備して、分かりやすい説明を心がけました。

参加者数を制限したり、全体説明会を2回に分けたり等、中学生と保護者の方には、ご不自由をおかけいたしました。

次回の開催は11月7日(土)体験入学として、各学科の授業を体験する企画となります。是非、ご参加ください。

交通安全キャンペーン第2弾・特殊詐欺防止キャンペーン

10月21日(水)先週に続き交通安全キャンペーンを行いました。今回は大野原の交差点にて一般のドライバーを対象に「横断歩道はちゃんと止マロン」

場所を移動して、西武秩父駅前にてタクシー、バスの運転手を対象に「秩父特殊詐欺 クリ(栗)ーン作戦」を行い、農工産の栗入りキャンペーンチラシを配布しました。

未来の秩父を考える FU・RU・SA・TALK

10月21日 秩父4高の生徒と市長が語り合う、

"未来の秩父を考えよう” FU・RU・SA・Talkに参加しました。

各学校会場と秩父市役所をリモートで接続して、意見交換を行いました。本校からは『アクティブなまち ちちぶ』と題して、市内の施設利用や新たなイベント提案など、高校生目線で秩父地域の活性化を提案しました。

他校生徒との交流や市長との語り合いに、参加生徒は緊張気味でしたが、とても有意義な時間となりました。

高校生の若い力でわが町秩父を盛り上げて行こう!!

 

 

懐かしのパタパタ時計

 今から38年前はすべてがアナログでした。そのような時代に時刻と曜日のパネルが回転して表示される時計を見て、なんて斬新で素敵な時計なのだろうと思って買ったのが”パタパタ時計”でした。それ以来、目覚まし時計として15年間愛用していたと思います。パネルは夜でも見やすいようにライトが点灯し、右端にはアラームの時刻が設定できるように回転式ダイヤルが付いています。就職や転勤で引っ越しを繰り返しても常に使っていたパタパタ時計です。ところが20年ほど前に突然動かなくなってしまい、処分しようとゴミ捨て場まで持っていったのですが、捨ててしまうと大切なものを無くしてしまうような気持になって、持ち帰ってきたことを今でも覚えています。その後は、ガレージに置いたままにして20年ほど放置していました。

 3代目おもちゃなおし隊に相談したところ、修理を快く引き受けてくれました。故障の原因は長年使用したことによる劣化ということもあり、半ばあきらめていましたが粘り強く修理してくれました。修理された”パタパタ時計”に電源を入れると、1分ごとにパネルが手前に回転し、時刻が変わる様子やアラームが「ぶーっ」と振動しているような音がして、当時の気持ちや懐かしさで胸がいっぱいになりました。

 かつて、TBSテレビでザ・ベストテンという人気番組がありました。司会は久米宏さんと黒柳徹子さんが行う歌謡番組ですが、順位ごとにパネルが回転してヒット曲を紹介するというものです。高校生は知らないと思いますが、40代から上の方は知っていると思います。その時代は、コンピューターはなくアナログの時代でしたから、ザ・ベストテンのボードと同じようにパネルが回転して、曜日と時刻を表示する時計はモダンで素敵なものであったという懐かしい思い出が甦ってきました。

 今となってはレトロな”パタパタ時計”ですが、思い出の詰まった大切な時計をこれからも大事にしていきたいと思います。修理してくれた3代目おもちゃなおし隊の皆さん、本当にありがとうございました。これからも多くの方に、思い出の詰まった”おもちゃ”を直してあげてください。  校長 韮塚 光信

 

交通安全キャンペーン

10月14日(水)皆野寄居有料道路にて、秩父警察署と寄居警察署が主催、交通安全キャンペーン「ゆっクリ走ろう安全秩父路プロジェクト~ゆっクリくんと止マロンちゃんのお願い~」を行いました。

農業科3年果樹専攻生から6名参加し、ゆっくり走ると栗をかけ、ドライバーの方々に「事故に遭わないよう気をつけて運転してほしい」、「速度を落としてゆっくり走ってほしい」という思いを伝え、本校で栽培、収穫をしたクリの入った袋を渡しました。

 

ホームページを見て頂いた方へ

交通事故に気をつけ、安全運転を心がけていただければと思います。

今年度残り半年

10月になり、今年度は残り半年となりました。今週は中間テスト期間、生徒は2学期前半の学習のまとめを行っています。

3年生は卒業に向けての準備が進みます。アルバム用のクラス集合写真の撮影を行いました。

テスト終了後の10月中旬からは、解禁日が変更となった就職試験が始まります。

1.2年生は多くの部活動が県大会ほか、大会に出場します。また、各学科、資格取得や検定に挑戦します。

一人ひとり、目標をもって学校生活を送りましょう。

今年度最後のブドウ収穫

ブドウの収穫が今回で今年最後となります。

品種はクイーンニーナとオリエンタルスターになります。

クイーンニーナは赤系のブドウで、肉質は硬めで糖度は20度を超え、香りのいいおいしいブドウです。

オリエンタルスターは片親がシャインマスカットと同じで、紫赤色のブドウになります。

今回は生徒が課題研究という授業の中で使用するため、販売はありません。ご了承くださいますようお願い申し上げます。

オリエンタルスター収穫    クイーンニーナ収穫

イチゴ定植

農業科課題研究の授業にてイチゴの定植を行いました。

来年1月中旬頃に収穫が始まる予定です。

食欲の秋

食欲の秋ですね・・・

 秋の味覚といえば色々とありますが、栗も美味しいですよね。

農業科でもクリの収穫が始まりました。皆さんは、どんな食べ方が好きですか?

栗おこわ?渋皮煮?甘露煮? いろいろありますよね。

 そして今年は、この栗を使って秩父警察署と交通安全のコラボ企画を行います。詳細は、後日 学校ホームページでお伝えしたいと思います。

 写真は、2年生の「総合実習」の栗拾いの様子です。

秋メニュー

 

朝晩だいぶ涼しくなり、過ごしやすい秋がやってきました。フードデザイン科1年生の基礎調理実習でも秋の食材を活用した献立が増えてきています。

 

<献立>さつま芋の炊き込みご飯・豚汁・ちくわとワカメのみどり酢・茄子のお浸し

 

<献立>秋刀魚の炊き込みご飯・味噌汁(煮干し出汁)・鶏胸肉の塩焼き・じゃが芋の粉ふき煮

ブドウの販売について

シャインマスカットの収穫時期になってきました。

今年も校内で販売をいたします。

またお盆頃販売した藤稔のアイスシャーベットの販売も行います。

日時:9月21日(月)14:00~14:30

場所:農業科 実習棟

値段:ブドウ500~800円

   アイス250円 

数に限りがありますので1家族3点でお願いします。

先着で50名程度になると思いますがよろしくお願いします。

無くなり次第終了しますのでご了承ください。

 

 

花満開 ~花壇づくり~

2年生の「生物活用」では、花壇の作成を行っています。

9月に入り少し暑さも!日差しも秋の気配を思わせるようになってきました。

そして農業科・農場は、花満開となっています。是非、遊びにきてください。

秋の収穫

本校の農場では年間を通して、たくさんの種類の農作物を育てています。

この時期はぶどうが最盛期となります。先月の藤稔に続き、

9月は、最近、特に人気の高い『シャインマスカット』と、日本固有の黒ぶどう品種『マスカット・ベーリーA』が、食べ頃となりました。

野菜は天候がやっと落ち着き、『なす・ピーマン・オクラ』が、たくさんて収穫できています。

今月下旬には一般の方にも販売できるように準備しています。

 

 

 

測量競技県大会 優秀賞

8月18日(火) 令和2年度平板測量競技県大会が本校を会場に行われ、森林科学科の生徒が参加、Bチームが優秀賞を獲得しました。

競技は1チーム4名で編成され、第1次・第2次作業がグランドでの現地測量、第3次作業が室内での三斜法・三辺法を使っての製図で行われました。

会場校の本校は大会運営を行い、前日準備のほか、当日の受付や開会式には生徒も参加、順調に大会を実施できました。

暑い1日でしたが、日ごろの学習成果を発揮するとてもよい機会となりました。

ブドウ販売

8月15日(土)本校農場・16日(日)秩父鉄道長瀞駅にてブドウの販売を行いました。

暑い中、足を運んでいただきありがとうございました。

露地栽培のシャインマスカット販売も農業科実習棟にて9月中旬頃を予定しています。

ブドウの販売について

藤稔の着色がはじまりました。

糖度は現在13度です。

今年も校内販売を実施します。

 日時: 8月15日(土)午前9時~10時30分

 場所: 秩父農工科学高校 農場

   ※なくなり次第終了させていただきます。

1房500円で約150房予定しています。

1家族5房でお願いします。

夏休み特別実習終了

フードデザイン科では、例年2年生の夏休みに多くの企業の皆様にご協力いただき、職場体験実習を行っています。しかし、今年度は新型コロナウイルスの影響で実施が難しく、校内で特別実習を5日間行いました。

特別実習では普段なかなか取り組むことができないパンやお菓子、調理の基礎をもう一度振り返りながらの調理実習など有意義な時間となりました。

 

「SDGs」 ワイヤレスマイクセット寄贈式

「SDGs(エスディージーズ)」とは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、2015年9月に国連サミットで決められた、国際社会共通の目標です。

目標は17項目からなり、そのうちの一つ「質の高い教育をみんなに」の関連として、協賛する企業の(株)スタック様、(株)武蔵野銀行様から、ワイヤレスマイクセットを本校に寄贈いただきました。

移動や設置が簡単なもので、視聴覚室をはじめ多くの教室で活用させていただきます。ありがとうございました。

 

メロン収穫

農業科3年野菜専攻班で育ててきたメロンの収穫を行いました。

GO TOちちぶ マルシェ

7月19日(日)

 秩父地域を元気にしよう!と地域の人たちが声を掛け合って、「GO TOちちぶマルシェ」が 矢尾百貨店の駐車場で開催されました。

 農業科では、3年生の課題研究のメンバーが参加をし、学習成果物であるナス・ピーマン・ポップコーン・草花の苗を販売しました。

前日までの雨からうってかわり、太陽が顔をのぞかせ絶好のマルシェ日和となりました。

食品化学科1年生 総合実習

先日、食品化学科1年生が「総合実習」の授業で、空気中の細菌数測定を行いました。

「標準寒天培地」という手法で、校内数カ所にシャーレを置いて測定をしました。

今回の測定結果は、各カ所とも細菌数は数個で、仕事や作業を行うには良好とのことでした。

1年生の実習はまだ始まったばかりです。白衣姿も初々しく、不慣れな部分がたくさんあったようです。今後実習の回数を重ね、測定精度やスキルを高めていきます。

 

S-GAP取得!!

「S-GAP」は、埼玉県が定める農場評価制度です。食品安全・労働安全・環境安全それぞれに基準があり、農業経営を継続して行う上で、すべてクリアしている必要があります。

本校の生産物は、「食べる人の安全」「作る人の安全」「生活環境の安全」、3つの安全を満たすものと評価されます。

今後も生徒とともに基準クリアに努め、安全第一の生産を行っていきます。

 

 

食品化学科3年生、総合実習も再開しています

 分散登校開始から約1ヵ月が経過して、食品製造実習も通常に戻りつつあると思ったらもう期末考査前。3年生の総合実習を紹介します。

秩父産ウメの調製

秩父産うめの調製

 農産加工班は、基本のいちごジャムに続いて、りんごジャム、次はうめジャムの製造と進んでいきます。

殺菌が終了したいちごジャム

殺菌を終えたいちごジャム

焼きたてのマドレーヌ

焼きたてのマドレーヌ

 製菓・製パン班は、ベーコンエピ・チーズフランス・塩パン・あんパン・マドレーヌを学んできました。 

 実習ができる喜びを感じている、食品化学科3年生の面々でした。やはり、体験を通じて学ぶ事が好きなようです。

2年生☆日本料理

 日本料理では先週「岩魚」、今日「鰯」と旬の魚を使った献立を勉強しました。

岩魚はおどり串にして塩焼き、鰯は手開きにしてかば焼きにしました。おどり串や手開きは初めてだったので苦戦していましたが、上手に仕上げることが出来ました。

先週のメニュー【岩魚の塩焼き、新じゃがと新玉ねぎのトマト煮込み、きゅうりの冷製すまし汁、

        いんげんの胡麻和え】

本日のメニュー【鰯のかば焼き、豚しゃぶの甘酢添え、オクラの冷製スープ、茄子の煮つけ】

【ライフデザイン科】調理実習

 

ライフデザイン科2年生では今学期初めての調理実習を行いました。

普段は班員と協力し実習を行いますが、今回は感染予防のため、準備から後片付けまでを1人で行い、一人1本パウンドケーキを作りました。

出来上がったパウンドケーキは持ち帰って、家族に試食してもらいます。

久しぶりの調理実習でしたが手順を確認しながら丁寧に実習を行い、ふっくらおいしそうなパウンドケーキに仕上がりました。

 

 

 

農業機械実習

7月7日(火)

 3年生・農業機械実習(選択)

 農業科では、3年生の3学期に大型特殊運転免許(農耕車限定)を取得することができます。その練習を兼ねてトラクタの操作を学びます。

 今日は、7月7日で七夕です。残念ですが・・・曇り空となってしまいました。でも農場では、ミツバチがクローバーの蜜を集めていました。

そして四葉のクローバーを見つけました! 

1年生☆基礎調理

 フードデザイン科1年生は、先週の木曜日に入学後、初めての調理実習を行いました。

 本日は2回目の実習で、前回よりも手際よく、声がけをしながら進めることができたように感じます。

 まだまだ慣れないところも多く、戸惑うことも多かったようですが時間内に片付けまで終わりにできるように班のみんなと協力して実習に取り組むことができました。

 本日のメニュー【オムレツ、肉じゃが、玉ねぎのお味噌汁、茄子と胡瓜の酢の物】

 

課題研究

 フードデザイン科3年生の課題研究では5つの班に分かれて、毎年それぞれの研究テーマに沿った形で実習などに取り組んでいます。

 今回は製菓班の実習をピックアップして紹介します。

 7月1日の実習ではイタリアンメレンゲを加えた口当たりの軽いバタークリームを作り、食紅や抹茶、ココアなどを使って様々な色に仕上げたクリームでデコレーションに挑戦しました。事前にデザインを考え、授業が始まる前から仕込んでおいたカップケーキを焼き上げ、冷ましてから、やっとデコレーションに取り掛かることができます。数種類の口金を使って個性豊かなカップケーキが完成しました!

収穫の記念に!

6月30日(火)

農業科1年生の「農業と環境」で栽培しているナスとピーマンの収穫をしました。

 収穫の記念写真を・・・・

  「女子~~ 全員 集まって!」 誰からかそんな声がかかりました。 

ゴールドクレスト

6月24日(水)

  〜3年生・総合実習 草花専攻〜

 梅雨の合間にゴールドクレストの刈り込み作業を行いました。ゴールドクレストは、根の成長に比べて葉や枝の成長が早く、強風で傾いたりする場合があります。その為、適度に刈り込む必要があります。

シャインマスカット

6月24日(水)

〜3年生・総合実習・果樹専攻〜

ビニールハウス内で栽培しているシャインマスカットの摘粒と袋かけを行いました。生育は、順調で8月上旬に収穫の予定です。このシャインマスカットは、3月〜4月にペレットボイラーで加温をしているので、秩父地域でも一番早い収穫時期となります。

 

西洋料理・日本料理

今週は、月曜日は西洋料理で卵について学び「オムレツ・チキンライス・オムレット・フルーツ・スープ」

火曜日は日本料理で「卵焼き・かしわの甘酢炒め・吸い物」の実習を行いました。

普段は賑やかな試食ですが、対面にならないようにし、おしゃべりをしないで静かに試食しました。

 

花壇づくり

6月18日(木)

3年生・総合実習草花専攻

 5・6時間目に事務室前ロータリーにある花壇の装飾を行いました。装飾に使用した品種は、サルビア・ペチュニア・マリーゴールドです。これから夏の間、学校の正面わ彩ることとなります。

農業科の野菜を使った実習

農業科で収穫した野菜(じゃが芋・玉ねぎ・トマト)を分けていただき、3年生の調理実習で金曜日に「コロッケ・ライスコロッケ」、今日は「ドライカレー」を調理する実習をしました。

農業科で大切に育てられた野菜は味が濃く、より一層おいしく試食しました。

農業科の皆さん、ありがとうございました。

 

農業機械 ~農業科~

6月16日(火)

 3年生・農業機械の授業でトラクタのエンジンの構造について授業を行いました。農業科では、1年生で機械構造の基礎につい学び、3年生では選択授業で農業機械の詳しい構造や運転技術について勉強します。写真は、講義のあとに実際にトラクタを見ながら説明を受けている様子です。

 また3年生の2月には、希望生徒が「尾雄勝特殊運転免許」の取得を行います。

実習のご褒美・・・

6月10日(水) 

  2年生 総合実習

 今日は、ジャガイモの収穫をしました。炎天下での作業は、大変でしたが休憩時間に “冷え冷え”のトマトをご褒美に食べました。 これも農業科の楽しさのひとつです。

農業科1年生 初めての実習

6月9日(火)

 農業科1年生の初めての実習を行いました。今年から作業服のデザインを少し変更して、夏服を紺色のポロシャツにしました。

 さて実習では、ナスとピーマンの管理作業として支柱を立て、誘引を行いました。これから野菜の成長と共に生徒達も大きく成長することと思います。

 

メロンの管理作業

6月8日(月)3年生総合実習・野菜専攻

今日は、「傘かけ」と「玉つり」の作業を行いました。傘かけは、メロンが日焼けするのを防ぎ、メロンを白くするために行います。玉つりは、メロンの自重で落下するのを防ぎます。

学校再開

学校が再開しました。
1.2.3年生の順で火曜日から分散登校しています。
再開にむけて、登下校時の健康観察、使用教室や座席の配置、環境 衛生管理の徹底、時間割の工夫など、生徒の皆さんが安心して学校 生活を送れるように準備をしてきました。
来週からは時間割に沿った授業が始まります。「新しい生活様式」 を確認しながら、学校生活を充実させていきましょう。

 

タマネギの収穫

5月25日(月)

 本日、大きく育ったタマネギの収穫を行いました。秩父の寒い冬を越し、甘く!ジューシィーな新タマネギとなりました。

 栽培期間中は、もちろん!無農薬で管理してきましたので、安心・安全です。スライスしてサラダで食べていただけたらと思います。

 販売方法につきましては、後日HPで案内させていただきます。

農業科1年生「農業と環境」

毎年、農業科1年生は「農業と環境」の授業で、ナス・ピーマンの栽培をします。

今年は、新型コロナによる休校措置のため、生徒の実習で定植をすることができませんでした。そこで農業科職員で5月13日に約120本の苗の定植作業を行いました。休校措置解除後は、新入生の皆さんに管理作業を行ってもらいます。

いちご栽培

 農業科では、昨年度からイチゴ栽培を始めました。

栽培品種は、埼玉県オリジナルのイチゴ新品種の「あまりん」で、秩父出身の落語家・林家たい平師匠が名付け親でも知られています。

温室シャインマスカット

果穂成型も終わり満開まであと数日です。

次の作業としては、ジベレリン処理があります。そろそろ準備をしておかないと・・・

この温室の加温には、木質ペレットを燃料としたボイラーが用いられ、化石燃料に頼らない環境にやさしい農業に取り組んでいます。

ありがとうの気持ち

本校の生徒の中には、秩父鉄道を利用して通学している生徒も多くいます。

いつもお世話になっているお礼の気持ちをこめて、農業科の実習で育てた花で大野原駅・秩父駅・御花畑駅を装飾させていただきました。

120周年記念事業 ミツバツツジ植樹【同窓会】

 本校創立120周年記念式典を5月に控え、記念事業の1つとして3月20日(金)にミツバツツジの植樹を行いました。野球場ののり面に千鳥植で約200本の苗木を植えました。ツツジの3つの葉を学校、PTA、同窓会と考え、3つの組織が機能し更なる発展を遂げてもらいたいとの趣旨でツツジが選ばれたそうです。

農業科S-GAP取得

 2月25日に農業科で取り組んでいたS-GAPの授与式が行われました。

 S-GAPとは消費者の安心・安全のみならず、生産者の安全や環境に配慮した農業の取り組みをしている畑に与えられる認証制度のことです。

 3年生の課題研究内で圃場の危機管理や農薬の管理についての環境改善を生徒が主体となって取り組みました。

 今回は新しく設置された温室で作られる生産物(トマト、ブドウ)にこの認証がなされました。

【フードデザイン科】立食パーティが行われました。

1月24日、フードデザイン科では日ごとからお世話になっている教職員を招いて、3年生が立食パーティーを開催しました。

 課題研究の郷土料理班・世界班・栄養班・パン班・製菓班に分かれ、一人ひとりが料理を作りおもてなしをしました。

 2月にはいよいよ3年間フードデザイン科3年生を支えて下さった家族の皆さまをお招きし立食パーティを開催する予定です。

ご参加いただく保護者の皆さま、どうぞお楽しみに!

 

 

【工業部1年生】大学見学に行ってきました

1月21日(火)工業部1年生(電気システム科・機械システム科)が高大連携協定を結んでいる日本工業大学に行ってきました。

卒業生で2年生に在籍している学生にも話を聞き、大学概要説明、電気電子通信工学科、機械工学科、ロボティスク学科、情報メディア工学科での模擬授業や学科紹介、工業技術博物館の見学、学食体験など多くの体験をし、一日あっという間の有意義な時間を過ごしてきました。

 生徒は、大学の施設の大きさや専門性の深さに驚き、生徒からは「進学も考えたい」といった感想がありました。生徒の進路選択の際に広い視野で検討していくための、良い機会になったと感じています。

日本工業大学の入試室の皆さん、キャンパスナビゲーターの学生さん、大変お世話になりました。

皆野中学校出前授業

 1月16日(木)皆野中学校で本校の農業科・森林科学科・食品化学科・電気システム科・機械システム科・ライフデザイン科・フードデザイン科の7学科が、午前中に2年生・午後に1年生を対象に出前授業を行いました。1年生、2年生の皆さん、今後の進路決定に役立ててください。

農業科森林科学科

 

 

 

 

  

 

【農業科】「ハーバリウムを作ろう!」 【森林科学科】「箸づくり」

食品化学科電気システム科

 

 

 

 

 

 

【食品化学】2年「和パウンドケーキ・不思議なジュース」

    1年「マーラーカオ(中華風蒸パン)・食品の不思議を知ろう 

機械システム科機械システム科

 

 

 

 

 

 

【電気システム科】2年「燃料電池と電池パン」

         1年「手巻きモーター」

【機械システム科】2年「溶接をしてみよう」「レゴブロックを使用した制御       

     1年「オルゴールの製作」「ドッグタグとペパーウエイトの製作」

ライフデザイン科フードデザイン科

 

 

 

 

 

 

【ライフデザイン】1年「紙刺繍」 

【フードデザイン科】2年「ジュースを作ろう」(食品添加物について)

          1年「シュガーアート」

 

 

 

【フードデザイン科】コンテストへ出場しました!

 

秩父地域インバウンド協議会主催の『秩父の地酒にぴったり!うまい肴・料理&デザートコンテスト』が行われ、書類審査による一次審査を通過し、実食による二次審査へ3年生の2名が参加しました。

 

3年 清水竜暉さん 『秩父みそからあげ』

3年 横田梢さん 

『そばの実たっぷり 味噌フロランタン 生クリーム添え』

 

横田さんの作品が『おもてなし女王賞』を受賞しました。

受賞作品は地域の代表的な商品として地域内の宿泊施設や飲食店にて継続的に提供・PRされる予定です!