日誌

秩父農工科学日誌

令和3年度新任式・始業式・入学式

 あたたかな春の日差しに包まれて、令和3年度新学期がスタートしました。新たに10名の先生方を迎え、始業式が行われました。

 《校長先生の講話》                                                     1年間目標をもって自分自身を成長させよう。そのためには、次の3点を心がけてほしい。                                                     ①元気よく挨拶をしよう。                                                              ②聞く力を身につけよう。                            よくできる人は集中して理解するように聞くことができる                     ③よい習慣を身につけよう。                                          時を守り 場を清め 礼を正す                                             心配なことや不安なことがあれば、担任の先生や学科の先生など身近な先生に相談してください。 

午後には入学式が行われました。                                         本年度の入学生は、男子149名、女子108名の計257名です。         新入生代表の電気システム科 新井君(秩父第一中学校出身)は、誓いの言葉の中で、秩父農工科学高校の生徒である自覚と誇りをもって行動すること、中学校のときコロナ禍で満足にできなかった学校行事や部活動に全力で取り組み充実した学校生活にしていきたいと、抱負を語りました。                              生徒会長の電気システム科3年 島﨑君(吉田中学校出身)は、学業、学校行事、部活動に一生懸命に取り組んで実りの多い3年間にしてほしいと、歓迎の言葉を述べました。                                       高校生活のスタートラインに立った257名。秩父農工科学高校の生徒としての自覚をもって、目標を掲げ、元気いっぱい、さまざまなことに挑戦してほしいと思います。

                          

  

 

そば打ち昇段審査前の試食会

 

 3月23日、土曜日に昇段審査がひかえている2年生3名と1年生3名が、食品化学科の職員に、練習を重ねてきた”そば打ち”の腕前を披露してくれました。

生そば

<打ち上がったそば>

ゆで上げ中

<ゆで加減はどうかなあ>

盛り付け中の二人

<こんな感じでいいかな>

盛り付け後

<さあ、召し上がれ>

 写真のとおり、見た目が均一で市販の物と同等の仕上がりです。鴨汁に焼きねぎの香ばしさが加わり、そばの香りとの相性も最高。刻みしょうがの風味が効いた「そばいなり」と、生徒の実習製品である「ゆであずき」を上に乗せた「そばがき」のデザート付きで大満足の試食会でした。

 本番の審査もきっと、全員合格することでしょう。頑張れ、6人の精鋭たち。そしてごちそうさまでした。

学年末行事

学年末となり、多くの行事がリモートで行われています。

職員室を臨時放送局として、本年度配置された教室のプロジェクタとタブレットを活用しています。

昨日は生徒総会、全国大会に出場するソフトボール部・演劇部の壮行会、本日は終業式・表彰式です。

話しや説明をした生徒や職員の感想は一様で、「相手の表情が見えず、反応も分からない中の話はとても難しかった」というものでした。

やはり、コミュニケーションの基本は、相手の反応を見ながら、間を取りながら、ということなのだろうと思います。全校一同に集まり、行事を行える日を待ち遠しく感じます。

 本年度の通常登校は本日で終了となります。新しい生活様式は継続します。体調管理をしっかりして新学期を迎えましょう。

 

企業説明会

3月17日(水)1.2年生対象の企業説明会を行いました。

秩父地域雇用対策協議会の御協力により、管内約30社の企業にお集まりいただきました。

会場を3か所に分け、各企業の担当者の方から、事業内容や従業員の様子、その業種の動向のほか、働くことの意義、高校生に求めることなど、「仕事」全般について、お話をいただきました。

ひとつの学校に多くの企業の方が来ていただく事はとても貴重です。生徒それぞれが自身の進路実現に向けて色々と参考とできる機会となりました。

【2学年】就職ガイダンス

 3月13日(土)に厚生労働省主催の2学年就職ガイダンスが実施されました。実際にいろいろな企業で人事を経験された7名の講師の方にお越しいただき、生徒139名が参加しました。午前中はワークシートを使用して自己PR等を考えるグループ学習を実施しました。

午後は実際に面接練習をしました。2年生はあと数か月で進路選択となります。有意義な1日となりました。ご指導いただいた講師の先生方に感謝申し上げます。

  

第116回卒業証書授与式

3月10日(水)晴天に恵まれ卒業式を実施いたしました。

式次第や来賓・入場者等、例年どおりとはなりませんでしたが、厳粛、感動的な式典となりました。

また、たくさんの祝電やお祝いメッセージをいただきありがとうございました。

テーブルマナー

 西洋料理の今年度最後の授業はテーブルマナーです。目の前で先生が調理した物を、全員の前で試食をするという形式で行いました。

 調理する人、サービスする人、食事をする人の3つの観点からの学習し、テーブルマナーとは周囲の人とはもちろん、国や文化の違う人々とも楽しく食事をするための基本的な気づかいであることを学びました。

 

卒業式予行

3年生が登校し、明日の卒業式予行と各種の表彰式を行いました。

コロナ禍対応により、1.2年生は卒業式に参加できませんが、先輩の門出の式のために、昨日、丁寧に会場設営を行ってくれました。

第116回卒業証書授与式 3月10日(水)10時開式

保護者は各家庭1名の参加となります。

日本料理

本日の日本料理の実習ではイカをさばき、煮物を作りました。イカをさばく実習は回数を重ねていませんが、手早くスムーズに取り組めました。

<献立>

イカと大根の煮物・蓮根の炊き込みご飯・ニラのいり酒・さつま汁

西洋料理

昨日の西洋料理の実習はバレンタインデーが近いこともあり、デザートにガトーオーショコラの入ったフランス料理の実習でした。また、ポタージュは野菜の残りを使い、食材を余すことなく使うことも学びました。

<献立>

キャロットのポタージュ・サーモンムニエル・ドフィーノグラタン・

ガトーオーショコラ・コーンブレット

日本料理 節分

昨日は節分だったので、2年生の日本料理の授業では節分にちなんだ調理実習を行いました。蛤吸には菜の花も添えられ、まだまだ朝晩寒いですが、近づいてきている春を感じる献立でした。

<献立>

太巻き寿司 まめ豆腐 蛤吸(潮汁)

芸術鑑賞会

~未来に輝く歌声の旅~ 

バリトン歌手・原田勇雅さんと、ピアノ・宮本慧理子さんをお招きして、芸術鑑賞会を行いました。

オペラ曲のほか、日本の歌、校歌、迫力ある歌唱と美しいピアノ演奏を楽しむことができました。

歌唱の合間には、自身が音楽と出会い職業とするきっかけの機となった高校時代の話など、生徒への応援のエールもいただきました。

寒いなかお二人には、学年ごとの1日3回の公演ほか、コロナ禍での様々な制限の下、無理なお願いをこころよく引き受けて実施いただきました。特に3年生は残り少ない高校生活の良い思い出となりました。

三年生最後の実習

 今日の食品化学科総合実習は、農産加工班「浮島」・製菓製パン班「お菓子の詰め合わせセット」でした。

マカロン合体中

<マカロン合体中>

浮島を右手に持って

<浮島を右手に持って>

詰め合わせセット

<詰め合わせセット>

浮島

<浮島です>

 次は課題研究発表会に向けて、プレゼンテーションファイルの作成に入っていきます。

3学期が始まりました

3学期の始まりにあたり、始業式と部活動壮行会を行いました。

始業式での校長講話では、緊急事態宣言への対応のほか、校長室にある剣道家高野佐三郎氏の書にまつわる話、県の3偉人のひとりである、渋沢栄一の業績や大切にしていた言葉の話がありました。(詳しくは本校概要のページをご覧ください。)

生徒会主催による部活動壮行会では、関東大会に出場する演劇部、全国選抜大会に出場する男子ソフトボール部の壮行を行いました。各顧問からの紹介のほか、校長からの激励の言葉、2部代表の生徒から大会に向けての意気込みなどが語られました。

秩父サイエンスアカデミーで研究発表してきました

 12月26日、秩父看護専門学校4階講堂で開催された、2020秩父サイエンスアカデミーで、食品化学科3年生4名が「第3のみつ」機能性成分の研究という題目で発表しました。

みつの採取工程は

<みつの採取工程は>

グラフの説明中

<グラフの説明中>

 秩父サイエンスアカデミーは3回目の開催。主催は日本薬科大学・秩父樹液生産協同組合・特定非営利法人秩父百年の森・特定非営利法人NPUサイエンスアカデミア(NPU:日本薬科大学の略称)。本校は毎年継続研究経過を発表しています。

いよいよ質疑応答

<いよいよ質疑応答>

堂々と回答

<的確に答える>

 全ての発表が終わって、質疑応答が始まりました。どのような質問が来るか不安な4名でしたが、最も聞いてほしかった質問が出てきて見事に回答することができて、ほっとした面持ちでした。

日本薬科大学HPでのニュース

 https://www.nichiyaku.ac.jp/news/10028/

日本薬科大学でGC-MSを体験してきました

 12月25日、日本薬科大学で食品化学科3年生4名が、GC-MSを使っての油分析を体験してきました。

説明を聴く

<説明をよく聴く>

ケン化の観察

<ケン化反応の観察中>

 GC-MSとは、ガスクロマトグラフ質量分析計の事で、揮発性の混合物から各成分を分離して物質名を特定できる分析機器です。

上層だけを残す

<油を含む層を分離中>

GC-MSで同定

<いよいよGC-MSで同定>

 科捜研で行われているような分析試料の設定で、4名の生徒は興味津々。新しい世界の扉が開いたようです。

生薬サンプルに見入ってしまう

<生薬サンプルに見入っている4人>

 三熊先生をはじめ、日本薬科大学の先生方、本当にありがとうございました。

日本薬科大学HPの同記事

https://www.nichiyaku.ac.jp/news/10015/

2学期が終わりました

2学期の終了にあたり、全校で一堂に集まることが難しいため、放送による終業式のあと、部活動大会やコンテスト入賞者への表彰式を校長室で行いました。

新型ウイルス対策のため、冬休みの部活動が原則禁止となったり、3学期当初の1月8日から15日は、9時30分登校、短縮授業となります。

まだまだ、色々な場面で制限のある行動が求められます。以前のような高校生活が送れるように対応していきましょう。

AMB48

第63回埼玉県高校美術展にて、立体の部 ”優秀賞” となった、美術部の作品『AMB48』を校内公開しています。

疫病除けのご利益があると云われる「アマビエ」を48体、陶器彫刻して製作、フォトスポットとなるように展示しています。

作品を撮影してお守りにできたり、展示後は抽選でプレゼントすることを計画しています。

手づくりジャムの特別販売

食品化学科で生産・販売している手づくりジャムが、埼玉県立歴史と民俗の博物館で行われる特別展で、展示・販売されることとなりました。

特別展『銘仙』埼玉県立歴史と民俗博物館(さいたま市)

令和3年1月2日(土)~2月14日(日)

本校の手づくりジャムは、特別展コラボレーションとして特別販売のほか、館内「カフェパティオ」にて、パンケーキに添えて、特別提供販売されます。

 

イブニング学校説明会

12月4日(金)7日(月)の2日間、イブニング学校説明会を行いました。平日の18時からを開始として、これまで実施した土曜日の説明会には参加しにくかった方を対象としました。

寒いなかでしたが、2日間とも多くの方に説明を聞いていただきました。

次の学校説明会は、1月16日(土)に個別進学相談会を行います。事前申し込みは不要です。是非、ご参加ください。